住んでいる不動産を担保にして、ローンで資金を確保

住んでいる不動産(マンション)は、ローンで購入し、すでに返済は終わっている。

今後、老後資金が必要となるが、これを担保にして、ローンを組み、もう少し広い戸建を購入するとともに、マンションは、賃貸として貸して、返済に充てられれば、どうかと思っている。

戸建の為に、多額のローンは難しいかもしれないが、マンションと戸建ての両方を合わせて担保にできたら、より広がった資産(負債もあることになるが)を確保できるとともに、節税もできるのではと考える。

今あるマンションも、子供に相続するとしても、そこに住むわけでなく、売却してしまうことになるので、元気に生きている間に活用出来たらよいのではないかと思っている。

夫も現役ではないので、収入をベースにした新たなローン借入は、難しいので、年金、資産からの配当など、総合的に見て、貸付が出来るようなシステムがあれば、高齢者の老後資金の広がりもできて、社会的に見ても、有効活用できるのではないだろうか。

眠っている不動産を不動産担保ローンという形で、マネーにして、流通させるとともに、ろうごの安定化と豊かさを提供することは、良いことではないかと考える。

このようなものは、すでにあるかもしれないが、あまり一般的には知られていないので、PRするとともに、使いやすい形を提供してくれることも必要であろう。